読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

秩父鉄道 デキ500形 ①

f:id:chibatrain:20170505153936j:plain

↑ デキ500形は、在籍4形式の中では一番新しい形式です。

秩父鉄道デキ500形は、1973年に登場した日立製作所製の直流用電気機関車で、1980年までに7両が製造されました。
実質的にはデキ300形の増備車で、仕様も基本的には同一ですが、空気圧縮機がAK4から高速型のC1000に変更された他、ライトもシールドビーム化されています。以外は300型とほぼ同じです。

1973年に2両(501・502)、1979年に2両(503・504)、1980年に3両(505・506・507)がそれぞれ増備されましたが、それぞれ導入時期により細部が異なっています。

三ヶ尻線の開業に備えて増備されたデキ503・504では、前面窓の天地寸法が拡大され、ひさしが追加、車輪が一体圧延タイプとなり、前照灯ケースや尾灯の形状も変更されました。

505号機ではライトケースと避雷装置が変更され、506・507号機では尾灯がデッキの手すり取り付けから車体に埋め込みに変わりました。

デキ507は太平洋セメントの私有機ですが、通常の機関車が私有機となっているケースは珍しいそうです。

f:id:chibatrain:20170505153937j:plain

↑ 1973年に製造されたデキ502、撮影したのは2015年ですが、デキ502はこの翌年に黄色+茶色に塗装が変更されています。

f:id:chibatrain:20170505153938j:plain

↑ 504号機は初期車に比べて正面窓が大きくなり、ヒサシもついています。

f:id:chibatrain:20170505153939j:plain

↑ 1980年に登場した506号機。507号機とともに、秩父鉄道で一番新しい機関車です。

f:id:chibatrain:20170505153940j:plain

↑ デキ507は太平洋セメントの私有機です。