CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王電鉄 8000系

f:id:chibatrain:20170507213023j:plain

↑ 6000系以来のフルモデルチェンジ車として、1992年に登場した8000系。

8000系は、6000系以来20年ぶりのフルモデルチェンジ車として登場、1992年から1999年までの間に244両が製造されました。
車体は7000系同様軽量ステンレスの片側4扉20m車体で、前面から乗務員扉部分までが普通鋼製とされアイボリーに塗装されました。
側面の下降窓は2連のユニット構造とすることで窓面積を広げ、腰部分と台枠下部分に丸みを持たせています。
制御装置では、GTOによるVVVFインバータ制御が採用され、ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式、台車は7000系同様のボルスタ付き軸ばねタイプとなりましたが、8両の最終編成2本では、試験的にボルスタレス式台車を履いています。
休日などの特急などで分割運転を想定した4+6両の10両編成14本と、8両固定編成13本が増備されましたが、現在は分割運転を行う列車の設定がダイヤ上にないため、10両編成は京王線の各駅停車から特急まで幅広く運用され、8両編成は他形式と連結できないことから各駅停車を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20170507213024j:plain

↑ 10両編成車の中間先頭車は、2011年以降、形式上サハ(付随車)扱いとなっています。

f:id:chibatrain:20170507213025j:plain

↑ 前面から乗務員扉部分までが普通鋼製とされアイボリーに塗装されました。

f:id:chibatrain:20170507213026j:plain

↑ 各駅停車で運用される8000系。

f:id:chibatrain:20170507213027j:plain

↑ 6+4の分割編成ですが、現在は分割運転は行われていません。