CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

中央快速線 その4

f:id:chibatrain:20170513213642j:plain

中野駅を通過するE351系です。

高速バスと競合する中央本線でのスピードアップを目論み、コストをかけて導入された意欲的な車両でした。

 何処かの専門家の方がE351系は欠陥車だとか言っていたこともあり、あまり評価の良くない車両ですが、自分はそうは思いません。

スピードアップに対して、E351系で目論んだ程の実績が出なかったのは、やはりそれだけ中央東線の条件が厳しかったということです。

 線形は悪い上に、トンネルの断面が小さい為、振り子の傾斜角度も小さくしなければならず、思ったように効果が出ません。

それでも、この条件の山岳路線で表定速度90km/hは立派です。

ところで、新たに「空気バネ傾斜方式」を採用し、目下のところ試運転を続けているE353系ですが、どうやら2017年度中に営業運転を開始するようで、置き換えられたE351系は改造が難しいことから、波動用として転用される可能性が高いと思われます。