CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 長野電鉄 2000系 A編成リンゴ色

f:id:chibatrain:20170519152701j:plain

長野電鉄2000系は、当時増加していた観光需要に対応する特急用車両として、1957年3月に登場しました。
車体は、名古屋鉄道5000系を参考に設計され、モノコック構造の18m級タマゴ型2扉車、室内はセミクロスシート仕様で、クロスシート部分は回転式・2枚の客室扉より車端寄りがロングシートという構成となりました。
編成は、モハ+サハ+モハの3両構成で、当初から2編成が投入、1959年・1964年にはさらに1編成ずつが増備され、それぞれA~Dの編成名が与えられ、運用されてきました。
鉄道コレクションでは、長野電鉄2000系はA編成(モハ2001-サハ2051-モハ2002)が第5段でモデル化されました。
A編成は茶塗装に変更されて晩年は活躍していましたが、2010年2月に引退しました。

f:id:chibatrain:20170519152702j:plain

↑ モハ2001

f:id:chibatrain:20170519152703j:plain

↑ サハ2051

f:id:chibatrain:20170519152704j:plain

↑ モハ2002