CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14790形

f:id:chibatrain:20170507175007j:plain

10790形は、1955年に富山地方鉄道初のカルダン駆動電車として登場し、日本車両製造で新製されました。
当時は、14770形とされ、制御電動車のモハ14771と制御車のクハ171の計2両が製造されましたが、後にクハ171急行系カルダン車の増結用として使用されるために、電装化の上モハ14772となり、1981年には他車との車番重複を避けるために、10790形(モハ14791・14792)と改番されました。
1985年には前照灯2灯化などが行われましたが、冷房化改造は行われず、1995年と1997年にそれぞれ1両づつが廃車となっています。
鉄道コレクションでは、第16弾でオリジナルの3枚窓のまま最後まで運用されてモハ14791が製品化されています。

f:id:chibatrain:20170507175008j:plain