CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

中央快速線 その11

f:id:chibatrain:20170513213649j:plain

上り列車として高尾駅に到着後、構内の側線で休む211系です。

 長野地区の211系は、全て東海道本線東北本線高崎線及び房総地区で使われていた車両が転用されていますが、転用前は10両又は5両で編成され、最大15両で運用されていました。

長野地区では、6両編成と3両編成の2パターンで運用されていますが、この編成は以前はありませんでした。

6両編成については、東海道本線で運用されていた、基本番台(セミクロスシート仕様)及び2000番台(ロングシート仕様) のうちサロ以外の車両が改造・転入となり、基本番台6本、2000番台8本が導入されました。

 6両編成の内訳は、MM'2ユニットの両端に制御車を連結した4M2Tです。

3両編成については、東北本線高崎線、房総ローカル線で運用されていた1000番台(セミクロスシート仕様)・3000番台(ロングシート仕様)のうちサハ以外の車両が改造・転入されました。

これらの番台は、将来地方路線に転用した際に3両編成が組めるように、東海道本線用にはない電動制御車(クモハ)が用意されていた為、これを活用し、2M3Tの5両基本編成からサハ2両を抜く形で2M1Tの3両編成が組まれました。