CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京成電鉄 3050形 (3000形 7次車)

f:id:chibatrain:20170518224006j:plain

成田スカイアクセス線開業に合わせて投入された3050形。一般特急などの運用で活躍中。

3050形は、正確には3000系7次車で、2010年7月の成田スカイアクセス線向けの一般特急形車両として、2009年9月から開業までの間に8両編成6本(48両)が日本車輌製造で増備されました。
車体番号が3050番台で区切られたことから「3050形」とも呼ばれています。
既存の3000形をベースとしていて、編成は6M2Tの8両編成で、3・6号車がT車でM車は2両1ユニット、車体はブロック構造のステンレス製で、形状は従来と同様ですが、先頭部の塗り分けを変更、側面も青基調の帯で、各所に飛行機のマークが入っています。
制御装置や補助電源装置・台車などの走行機器は6次車までと同様で、主電動機は三菱電機製、車両性能については3050形では設計最高速度が従来の120km/hから130km/hに引き上げられています。
当然「1号線直通車両規格」にも対応しており、都営浅草線や京浜急行線にも乗り入れますが、京急蒲田-品川間や高砂-成田空港間などでは最高速度120km/hでの運転も行われています。

f:id:chibatrain:20170518224007j:plain

↑ 本線系の快速運用などでも使用されます。

f:id:chibatrain:20170518224008j:plain

↑ 外観は従来の3000形と異なり、側面帯などが青基調となり、飛行機のデザインが入るなど、空港アクセス列車であることを強くアピールしています。

f:id:chibatrain:20170518224009j:plain

↑ 成田スカイアクセス線などでは120km/h運転も行われています。

f:id:chibatrain:20170518224010j:plain

↑ 都営浅草線・京浜急行乗り入れも対応しています。