CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 51系・32系身延線 クモハ51/クハ47

f:id:chibatrain:20170528163918j:plain

鉄コレから発売された国鉄51系・32系身延線セットBでは、クモハ51818+クハ47055の2両が製品化されています。
クモハ51818は、半流線の3扉セミクロスシート車のモハ51018として、1936年に汽車製造で新製され、中央線東京口で使用されました。
途中でロングシート化されモハ41073と改番され、戦後は横須賀線東海道山陽本線京阪神緩行線などで運用されましたが、再度セミロング化されモハ51018と改番されています。
1970年に身延線用に転用され沼津電車区に配属されましたが、その際にパンタグラフの低屋根化改造が行われ、クモハ51818ととなり、1981年まで同線で使用されました。
クハ47は、1931年に日本車輛でサハ48007として製造されましたが、2扉で車端部以外はクロスシートの仕様で、横須賀線で使用されていました。
1951年に運転台が取り付けられクハ47013となり、身延線用に転属となりました。
さらに1959年にはクハ47055に改番され、1981年まで同線で活躍しました。

 

f:id:chibatrain:20170528163919j:plain

↑ クモハ51818

f:id:chibatrain:20170528163920j:plain

↑ クハ47055