CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 富士急行 3100系

f:id:chibatrain:20170604140046j:plain

富士急3100系は、1956年(昭和31年)に新製された同社の新性能電車で、日本初の狭軌用WNカルダン駆動車です。
なお名前の3100系は、昭和31年に登場したことに由来するそうです。
車体は、長さが19、350mm、幅が2,800mmとなり、同時期に日本車両製造で製造された秩父鉄道300系と類似点が多いです。
側扉は1両あたり2箇所に片開き扉が設けられたが、運転台直後の出入口は客室と仕切られています。
塗装は腰板部分をサランダブルー・窓回り及び幕板をオーシャングリーンとし、境に白帯を配しましたが、この塗装が後の同鉄道の標準となりました。
室内の座席は、扉付近にロングシート・扉間及び車端にクロスシートを備えたセミクロスシートとされました。
2編成が製造されましたが、うち1編成(モハ3103-モハ3104)は1971年に脱線転覆事故により廃車となっています。
残りの1編成(モハ3101-3102)は1997年に廃車となるまで活躍しましたが、鉄道コレクションではこの編成が第5弾でモデル化されています。

f:id:chibatrain:20170604140047j:plain

↑ モハ3102

f:id:chibatrain:20170604140048j:plain

↑ モハ3101