CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

岳南鉄道 ED29

f:id:chibatrain:20170514214424j:plain

 ↑ ED29は、岳南鉄道に1959年に入線しました。

 岳南鉄道ED29は、豊川鉄道(現在のJR東海飯田線の一部)のデキ52で、1927年に導入されました。
デキ52は、主要機器をすべて車体に内蔵し、車体前後にデッキを備える箱型車体となり、前後妻面には砂箱を備え、乗務員室扉は車体前面に向かって左側に寄せて設置されました。
台車は日本車輛製造製の板台枠式2軸ボギー台車を装着し、パンタグラフは1両あたり2基搭載されました。
1943年に豊川鉄道が国鉄に買収された際、デキ52も国鉄に継承されましたが、その後主電動機やパンタグラフなどが国鉄の標準機器に交換されました。
買収後もしばらくは私鉄時代の形式名称で使用されていましたが、1952年にED29-1に改番され、引き続き飯田線で活躍していました。
1959年3月に国鉄で廃車となった後は、岳南鉄道に譲渡されましたが、当時の岳南鉄道線が600Vだった為、入線後に降圧工事が実施され、主に貨物列車のけん引や比奈駅での入換え用として使用されました。
制御装置は電動カム軸式が採用されていましたが、1965年に電磁空気単位スイッチ式に改められ、1960年に岳南鉄道線の架線電圧が1,500Vに昇圧すると、ED29-1も昇圧・配線工事が実施されました。
その後も同線で運用され続けてきましたが、貨物輸送の衰退に伴い休車となり岳南富士岡駅で留置されました。
2013年に鉄道事業の移管に伴い岳南電車に引き継がれましたが、2015年3月末に廃車となりました。

f:id:chibatrain:20170514214425j:plain

 ↑ 台車は板台枠で、砂箱が車輪より内側に取り付けられているのが特徴です。

f:id:chibatrain:20170514214426j:plain

  ↑ デッキ部分・運転台側面の様子。

f:id:chibatrain:20170514214427j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20170514214428j:plain

 ↑ 台車部分の様子。

f:id:chibatrain:20170514214429j:plain

 ↑ 2009年に岳南鉄道を訪れた際はすでに休車となっていました。