CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

相模鉄道 9000系

f:id:chibatrain:20170519161711j:plain

 相模鉄道9000系は、老朽化の進む6000系の置き換え用として、8000系と並行して増備された車両で、1993年から2001年までの間に10両編成7本が製造されました。

相模鉄道では、永年に渡り新製車は日立製作所に発注してきましたが、9000系では初めて東急車輛製造で新造されました。

車体は大型押出型材を使用した幅広のアルミ車体で、その幅は8000系よりも30mm小さくなっています。

それまでの相鉄の車両では、腐食防止のためアルミ車体にクリア塗装を施してきましたが、9000系ではカラー塗装となりました。

塗装のカラーリングは、白基調に赤帯のアクセントをつけたデザインとなっていましたが、2007年度以降は、青とオレンジを用いたコーポレートカラーに変更されています。

制御方式は回生ブレーキ付のGTO素子のVVVFインバータ制御が採用され、主電動機は5000系でも採用されたタイプの東洋電機製造製かご形三相誘導電動機となったが、駆動装置は相鉄伝統の直角カルダン駆動方式、台車はロールゴム式空気ばね台車で、台車の外側にむき出しになったディスクブレーキも健在です。

なお制御方式は、2013年以降IGBT素子のVVVFインバータ制御に変更されています。

編成は6M4Tの10両固定編成で、他形式と共通で特急、急行、快速、各駅停車の10両編成運用に使用されていますが、10両のまま8両編成運用に入ることもあります。

 

f:id:chibatrain:20170519161712j:plain

 ↑ 前面は8000系同様に左右非対称ですが、デザインは8000とは異なります。

 

f:id:chibatrain:20170519161713j:plain

 ↑ 10両編成で他形式と共通運用で使用されています。