CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

岳南鉄道 ED402

f:id:chibatrain:20170518141253j:plain

↑ ED40型は、松本電気鉄道から岳南鉄道に移籍してきました。

ED40型は、ダム建設資材(東京電力による梓川水系電源開発工事用)の輸送用として、松本電気鉄道(現:アルピコ交通)が導入した電気機関車で、1065年にED402号機が製造され、翌1966年にED403が増備されました。 1両ずつが導入されました。
車体はED60などの国鉄直流電気機関車の影響を受けた、デッキ付きの鋼製箱形車体で、乗務員室への出入りは妻面中央に設けられた乗務員室扉から行う形となります。
主電動機は日本車輌製造製の直流直巻き電動機で、駆動装置は1段歯車減速吊り掛け式、制御装置は電空単位スイッチ式の関節制御器で、重量貨物列車牽引を考慮して総括制御に対応しています。
当時の松本電気鉄道上高地線)は、架線電圧が直流750Vでしたが、一般的な直流1500V電化区間」でも走行できるように、電装品は直流750Vと直流1500Vの複電圧仕様として設計されています。
1968年以降、ダム建設終了などに伴い同線での貨物輸送が大幅に減少したことから、ED40型の2両は1972年に岳南鉄道に移籍しました。
岳南鉄道に譲渡された後は、形式・車号とも松本電気鉄道時代のままとされ、高出力で使い勝手も良いことから、同鉄道の主力として活躍してきましたが、2012年3月でも貨物輸送の終了に伴い、その仕事を失い、402号機は休車となりました。

f:id:chibatrain:20170518141254j:plain

 ↑ ED402号機は、茶塗装のまま使用されています。

f:id:chibatrain:20170518141255j:plain

↑ 乗務員室への出入りは妻面中央に設けられた乗務員室扉から行います。

f:id:chibatrain:20170518141256j:plain

↑ 台車を付近、足回りの様子。

f:id:chibatrain:20170518141257j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20170518141258j:plain

 ↑ 運転台側面の様子。