CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

ローカル私鉄電車(その他)

f:id:chibatrain:20170619204620j:plain

ローカル私鉄で使用されている電車のうち、関東大手私鉄以外の譲渡車や自社発注車などをここで掲載します。

関東周辺及び東海地方の私鉄が 中心となります。

現在注目されるのでは静岡鉄道、自社発注の新型A3000形は、2024年まで増備され、同車の保有車両が一新されます。

 

上毛電気鉄道

f:id:chibatrain:20170903104256j:plain

上毛電気鉄道は、群馬県前橋市中央前橋駅から桐生市西桐生駅に至る25.4kmの鉄道です。

ここでは、通常の列車は全て京王電鉄からの譲渡車(700形:元京王3000形)より運用されていますが、その他に吊りかけ式駆動車のデハ101とデハ104が保存されていて、そのうちデハ101は動態保存でイベント開催時には本線も走行しています。

 

伊豆箱根鉄道

f:id:chibatrain:20170903104252j:plain

駿豆線はJRからの乗り入れもあり、全車両が20m級で、自社発注車が中心でですが、西武鉄道からの譲渡車運用されています。

大雄山線は、車両限界の関係から18m以下の車両が運用されていますが、現在は自社発注車に統一されています。

 

静岡鉄道

f:id:chibatrain:20171119082210j:plain

静岡鉄道は、かつては静岡県内に軽便鉄道線や併用軌道線なども保有していましたが、現在は新静岡駅新清水駅間を結ぶ11.0kmの路線(静岡清水線)を運営しています。

運用される車両は現在世代交代中で、2016年から導入が開始されたA3000形を順次導入、2024年までに従来から使用されていた1000形をすべて置き換える予定となっています。

 

遠州鉄道

f:id:chibatrain:20180722131537j:plain

地元から「赤電」の愛称で親しまれている遠州鉄道は、新浜松駅遠州二俣駅間17.8kmの路線を運用しています。

かつての標準車両であった30形は、2018年4月末までに全車引退となり、現在は1000形と2000形により運行されています。

 

上信電鉄

  • 1000系
  • 6000系

 

江ノ島電鉄株式会社

  •  300形
  • 1000形
  • 2000形
  • 10形
  • 20形
  • 500形