CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 70系 新潟色

f:id:chibatrain:20170619152641j:plain

 1962年に上越線の長岡-新潟間が電化されると、関西地区の70系が新潟地区に転属し、その後横須賀線などからも順次転属が進み、同地区のローカル輸送に使用されました。
配属は長岡第二機関区(長岡運転所)で、上越信越線などで活躍、外装は、豪雪地帯で目立ちやすい色ということで、赤と黄色のカラー(通称:新潟色)に変更され、1976年以降115系が投入されるまで活躍していました。
鉄道コレクションでは、中央東線セットと同時に、上越線4両セットとして製品化されました。
以下、1両毎に解説。

f:id:chibatrain:20170619152642j:plain

↑ クハ76029

長岡に転属の際、スノープローやデフロスタなとの寒冷地装備が装備されています。クハ76029が一次型のため、台車は板ばね式のTR45を履いています。

f:id:chibatrain:20170619152644j:plain

↑ モハ70025

これも1951年に製造された一次型グループに属し、台車はDT16を履いています。パンタグラフ側側面に窓があるのが特徴で、貫通扉上にはよろい戸状の通風口があります。

f:id:chibatrain:20170619152643j:plain

↑ モハ70097

4次車(1956年から1957年にかけて増備されたグループ)に分類される中間電動車で、台車DT20A。非パンタグラフ側に回送用の簡易運転台を備えています。

f:id:chibatrain:20170619152645j:plain

↑ クハ75006

1651年に製造されたサロ46(後のサロ75)の初期車を先頭車改造した車両で、新潟転出での短編成化に伴い、制御付随車の不足に対応したものです。先頭の運転台は103系にも似た切妻非貫通型となりました。

f:id:chibatrain:20171022072816j:plain

↑ 2枚窓前面の様子。

f:id:chibatrain:20171022072819j:plain

↑ クハ76の運転席側側面の様子。スノープロ―がついています。

f:id:chibatrain:20171022072822j:plain

↑ モハ70の側面の様子。

f:id:chibatrain:20171022072825j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20171022072828j:plain

↑ クハ75はサロの先頭車改造されたため、切妻形となっています。

f:id:chibatrain:20171022072851j:plain

↑ クハ75の側面の様子。元グリーン車なので窓配置が他とは違います。

f:id:chibatrain:20171022072854j:plain

↑ 右がクハ75、左がモハ70です。窓配置の違いが分かります。