CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

岳南鉄道 ED501

f:id:chibatrain:20170518154518j:plain

↑ 岳南鉄道時代、貨物列車が廃止になるまでは、比奈駅構内の入れ替え用として使用されていました。

ED501は、元は上田温泉電軌が北東線(後の真田傍陽線)の貨物輸送用として導入されたデロ301号機で、1928年に川崎造船所で製造されました。
車体は、前後のボンネットの張り出しが他の一般的な機関車よりも小さく、箱型に近い独特のスタイルとなっていますが、これは当時の川崎造船所で製造された40t級電気機関車の標準的なデザインで、小田原急行電鉄(現:小田急電鉄)の1形電気機関車武蔵野鉄道(現:西武鉄道)のデキカ20形電気機関車も似たようなスタイルとなっていました。
制御装置は電空単位スイッチ式も間接非自動制御で、主電動機は川崎造船所製の直流直巻電動機、駆動方式は1段歯車減速吊り掛け式となりました。
デロ301は当初北東線の貨物輸送に使用されましたが、同線の貨物輸送需要に対してデロ300形の自重や出力は過大であったことから、後に小田原急行電鉄に貸し出され、1940年には廃車となってしまいました。
廃車後は名古屋鉄道が購入し、デキ500形501号機と形式・番号が改められ、名古屋本線(名古屋以東)や常滑線三河線蒲郡線などで貨物列車牽引に使用されました。
その後、1969年に架線電圧を600Vから1,500Vに昇圧した岳南鉄道では、昇圧改造ができなかった従来の機関車の代替え用として、同年9月に名古屋鉄道からED501を名古屋鉄道から借り受け、翌1970年に正式に譲渡されました。
岳南鉄道では、主に比奈駅に駐在して日本昭和板紙吉永工場を発着する貨物の入れ替え作業などに使用されていました。
2013年の同社の鉄道事業移管では、そのまま岳南電車に引き継がれましたが、貨物輸送もなくそのまま岳南富士岡構内に留置され、2015年3月末で廃車となりました。

f:id:chibatrain:20170518154519j:plain

↑ ボンネットスタイルとスイス風のデザインが特徴です。

f:id:chibatrain:20170518154520j:plain

↑ 正面から見た様子。

f:id:chibatrain:20170518154521j:plain

 ↑ デッキ部分・運転台付近を側面から見た様子

f:id:chibatrain:20170518154522j:plain

↑ 台車は棒台枠吊り掛け屋梁式。

f:id:chibatrain:20170518154523j:plain

↑ プレートですが、なんとなく川崎造船所と読めますね。

f:id:chibatrain:20170518154524j:plain

↑ 現役時代は比奈駅ではこのような光景はいつも見られました。