CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

北総線 その5

f:id:chibatrain:20170619155120j:plain

 北総鉄道の7300形です。

自社発注車2本と京成からのリース車2本の計4本が在籍していますが、京成リース車は7800番代となっているので、自社発注車とは見分けがつきます。

以前は自社発注車は前面にスカートをつけていなかったので、ここでも区別がつきましたが、2012年以降はスカートが設置されたので、遠くから見たら区別がつきません。

基本的には、京成3700形と同じ車両です。

ところで、この7300形を導入した際、北総鉄道は親会社と同じ設計の車両としたことで、その導入コストを抑えました。

しかしながら、その数年後に都市整備公団が導入した新車は、3700形をベースにしながらも車体の外観や車内の設計を変えています。

結果的には、3編成しか導入されなかった車両に独自の設計を盛り込み余計なコストをかかっています。

多種の車両が走るのは、鉄道マニア的には面白いのですが、企業のコスト管理という点では、あまり良くはないはずです。

ちなみに、新京成の8700形も同様で、車体などは3700形を基本にしていますが、独自の設計も多数盛り込まれており、導入されたのは3編成のみです。

 こうしたことに鉄道会社側も気がついたのか、最近では北総鉄道新京成電鉄も親会社と同じ設計の車両を導入していますね。

昨年、千葉ニュータウン鉄道で導入された新製車も京成3000形と同じ車両です。