CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

北総線 その7

f:id:chibatrain:20170625135125j:plain

 千葉ニュータウン鉄道所有の9100形です。

車両の開発コンセプトは、「千葉ニュータウンのイメージアップ」「省エネルギー化」などとともに、「乗り心地の向上」「乗客サービスの向上」を掲げていて、京急600系や新1000系初期車のように、車両の一部にクロスシートを設置しています。

 クロスシートについては、印西牧の原延伸に合わせて1995年に製造された1次車2本では、中間車車両の両端に2人掛けシートを8席分設置されましたが、 2000年 の印旛日本医大延伸の際に増備された2次車1編成では、片端だけの設置になり、もう片側は5人掛けのロングシートに変更されました。

その後、千葉ニュータウン鉄道で導入された9200形、9800形ではオールロングシート車で、クロスシートは「9100形だけの個性」になってしまいました。

ここでも、クロスシートは定着しませんね。