CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王電鉄

f:id:chibatrain:20170702103946j:plain

京王電鉄は、東京西側に6路線84.7kmの路線を有する大手私鉄です。
路線は、本線系(京王線京王新線相模原線競馬場線動物園線高尾線)と井の頭線に分かれるが、うち本線系は1,372mm軌間井の頭線狭軌の1,067mm軌間となっています。

本線系の軌間が1,372mm(いわゆる馬車軌間)となるのは、その元となる元となる京王電気軌道地方鉄道法でなく軌道法によって建設されたことに起因しています。

1950年代には都営新宿線への乗り入れに向け標準軌への改軌も検討されましたが、莫大な費用や工事期間中の輸送力確保の問題から実現せず、現在に至っています。

(結局、都営新宿線京王線の軌道に合わせて建設されました。)

井の頭線では、早い時期(1962年)からステンレス車両の導入が進んでいましたが、京王本線系統ではその後も普通鋼製車体による車両の増備が続き、ステンレス車両が採用されたのは1984年に登場した7000系からとなりました。

旧5000系が導入された際もステンレス車体の導入は検討されましたが、当時は踏切が非常に多く(340か所)、事故の際の車体の修復を容易にするために普通鋼製車体とされたそうです。

京王線井の頭線とも通勤・通学輸送や地元利用の輸送がメインとなっている状況から、現在の所有車両(営業用)はすべてロングシート車となっていますが、2017年秋に導入予定の新型車両(5000系)ではクロスシートロングシートにも転換できるシート)が採用される予定です。

現役車両

f:id:chibatrain:20170702104117j:plain

使用車両は、本線系では現在営業用として7000系・8000系・9000系の3形式が運用され、そのうち9000系が都営地下鉄新宿線への直通列車に使用されています。
また、井の頭線では3000系が2011年12月までに全車引退となり、現在運用される車両は1000系のみとなっています。

上記の新型車両(新5000系)は10両編成5本が京王本線に導入され、2017年秋から営業運転を開始する予定です。