CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EH200 ①

f:id:chibatrain:20170704142854j:plain

↑ EH200の量産車は2003年から増備が開始されました。

EH200形は、中央本線などで運用されるEF64の置き換え用として設計され、2001年の試作機の登場・各種性能試験を経て、2003年より量産化されました。
EF64が従来重連で牽引してきた貨物列車を単機で牽引できることが目的とされたため、2000年より量産が開始されたEH500同様、車体は2車体固定連結の8軸機となり、車体長さ(連結面間)も25000mmとなりましたが、車体デザインは一新され、前面は傾車角を25度と大きく取った直線基調のものとなりました。
運転室前面は大型の1枚ガラスで構成されていて、試作機では前面窓中央に柱がありましたが、量産機ではこれが無くなり視界確保が図られています。
屋根上搭載機器のうちパンタグラフシングルアーム式が採用され、折りたたみ高さは中央線最小トンネル対応の3960mmとなりました。
制御装置は、IGBT素子を使用した3レベルVVVFインバータ制御装置を搭載し、EH500で実績のある高速トルク制御(ベクトル制御)や、1台のインバータで1台の主電動機を個別に制御する1C1M方式が採用され、これにより25‰勾配上で1,100トンの引き出しが可能となりました。
かご形三相誘導電動機を吊り掛け式で8基搭載し、機関車全体で4,520kWの1時間定格出力を確保していますが、短時間最大定格出力を5,120kWと設定することで、EF64形の重連相当の性能を確保しています。
台車はEF210形やEH500形と同じタイプで、軸梁式軸箱支持機構を備えたFD7系の空気バネ式ボルスタレス台車が搭載され、制御方式は発電ブレーキ併用の電気指令式空気ブレーキが採用されています。
愛称は公募により、「ECO POWER Blue Thunder」と決まり、ロゴマークが側面に描かれています。
現在、EH200は試作機を含め25両全機が高崎機関区に配置され、高崎線上越線武蔵野線根岸線中央東線篠ノ井線などで、石油輸送列車やコンテナ列車などを牽引して活躍しています。

f:id:chibatrain:20170704142855j:plain

↑ EH500をベースとした、2車体固定連結8軸機となりました。

f:id:chibatrain:20170704142856j:plain

↑ 主要機器はEF210などと共通化が図られています。