CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 松本電気鉄道 モハ103

f:id:chibatrain:20170710134450j:plain

松本電気鉄道のモハ103は、同社のモハ10形に属し、かつて上高地線で使用されていました。
モハ10形は、相棒のクハ10形とともに、1958年から1964年にかけて、老朽化した木造車の車体更新により製作。
このうち、モハ103は、1959年にデハ3からの更新改造により誕生しました。
台枠より上部は新製ですが、下回りはすべて再利用されていて、性能も種車によって様々でした。
主制御機はHL方式(非自動間接制御)で、ブレーキはSME方式で統一され、総括制御も可能、電気方式は直流750V。
車体は、新潟交通岳南鉄道などと同様、日本車両が当時企画した全鋼製17m級車体(「日車標準車体」)が採用されました。
前面は貫通式で、側窓は上段をHゴム固定とした、いわゆる「バス窓」で、下段が上昇式です。
1980年代まで活躍しましたが、同社が1986年12月に実施した、架線電圧の1500V昇圧化に伴い、廃車となりました。
鉄道コレクションでは、第6段で製品化されています。

f:id:chibatrain:20170710134451j:plain