CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王電鉄 1000系 ①

f:id:chibatrain:20170702091848j:plain

↑ 1000系は、3000系の後継型として1995年に登場しました。

1000系は、3000系の置き換え用及び井の頭線の輸送力増強用として1995年に登場しました。(営業運転は1996年に開始)
車体について、3000系同様ステンレス製車体が採用されましたが、従来の18m級から井の頭線用としては初の20m級となり、客用扉の数も片側3扉から4扉に変更になりました。
先頭部分のデザインは3000系更新車に近いイメージとされましたが、新たに非常用貫通扉を設置し、これを助士席側に寄せた構造となりました。
制御方式は井の頭線初のVVVFインバータ制御となりましたが、搭載機器については、導入時期や製造メーカーなどによって一部異なります。
現在5両編成29本(計145両)が在籍し、井の頭線のすべての列車はこの車両により運用されています。

今後、1995年から1998年にかけて製造された初期のグループ(1・2次車)については、2018年度を目途順次リニューアル工事が行われており、VVVFインバータ制御や主電動機、編成中のMTユニットの見直しなども実施されています。

f:id:chibatrain:20170702091849j:plain

↑ 井の頭線初の20m級、VVVFインバータ制御車となりました。

f:id:chibatrain:20170702091850j:plain

↑ 現在、井の頭線の運用はすべて1000系で統一されています。