CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 東京急行電鉄 3600系

f:id:chibatrain:20170726192715j:plain

東急3600系は3000系グループに属し、第二次世界大戦後の混乱期に戦災焼失等で損傷した省線電車(モハ30・50形などの17m級車両)の払い下げを受けて、1948年以降に復旧工事を施す形せ制作された車両です。
電動車のデハ3600形が16両、制御車のクハ3670形が9両、クハ3770形が12両の計3形式37両が増備されました。
損傷車両の復旧に際しては、元の鋼体を「叩き出し」で復旧させた応急復旧車と台枠のみを流用して車体を新造したグループに大別されますが、すべて片運転台車となり、東横線目蒲線で使用されました。
このうち、応急復旧車13両については、1960年以降東横車両工業で更新工事が実施され、ノーシルノーヘッダーの全金属車体に乗せ替えとなりましたが、このときの車体が従来の国鉄定規ではなく地方鉄道定規となったため、大井町線・池上線などでも運用可能となりました。
その後、台枠流用グループについては1971年から1976年までの間に廃車となり、更新車についても1979年から1982年までの間に廃車となり、その一部は弘南鉄道上田交通名古屋鉄道へ譲渡されました。
鉄道コレクションの東急車両製造規格限定品として製品化された3600系は、応急復旧車の更新工事後のノーシル・ノーヘッダー全金属車体時代の仕様で再現されています。

f:id:chibatrain:20170726192718j:plain

↑ デハ3601

f:id:chibatrain:20170726192720j:plain

↑  クハ3671