CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 京浜急行電鉄 230形

f:id:chibatrain:20170726193802j:plain

京浜急行電鉄の230形が、1930年に湘南電気鉄道の開業時にデハ1形として25両が製造されたのがその始まりで、相互乗り入れ先である京浜電気鉄道も含めて、その系列(湘南電気鉄道デ26形、京浜電気鉄道デ71形、デ83形、デ101形)計55両が活躍しました。
これまで路面電車スタイルの印象が強かった昭和初期の京急電車のイメージを一新させた軽量高速電車となりましたが、車体は16m級2扉車、主電動機は直巻電動機で吊り掛け式の駆動装置と組み合わせて使用されました。
1941年に京浜電鉄、湘南電鉄が東京急行電鉄に併合されると、デハ1形とその系列55両はデハ5230形(京浜電鉄デハ101形は600V区間専用・3扉車のため、デハ5170形と区別された)に整理統合されました。
1948年に大東急体制の解体で京浜急行電鉄が登場すると、デハ5230形はデハ230形となり、クハ5350形(元デハ5170形)はクハ350形となりました。
1963年以降、デハ230形は塗装変更、前照灯のシールドビーム化、尾灯の角形化、扉の交換、片運転台化、貫通扉の設置、乗務員室の全室化といった大幅な更新工事が実施され、2両固定編成となり、1978年まで運用されていました。
鉄道コレクションでは、事業者限定品として晩年の姿で製品化されました。

f:id:chibatrain:20170726193805j:plain

 

f:id:chibatrain:20170726193813j:plain