CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

大宮工場 その10

f:id:chibatrain:20170730165359j:plain

大宮工場の中に何故か小田急4000系がいました。

見かけたときは、「この車両も中身はE233系だから、小田急から何らかの委託を受けて改造工事をしているのだろう」程度に軽く考えていましたが、考えて見れば、大手私鉄の車両がJRの工場に入ること自体、珍しいことですね。

小田急とJRは、以前からずっと東京メトロ千代田線に乗り入れを行なってきましたか、小田急の車両が常磐緩行線に、JRの車両が小田急に入るようになったのは、2016年間3月以降のことです。

常磐緩行線では、2020年頃を目処に新し無線列車制御システム(CBTC)の導入が予定されていますが、小田急4000系が大宮工場に入場しているのは、これに対応するための改造工事を受ける為と思われます。