CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 7000系② 副都心線対応

f:id:chibatrain:20170812192944j:plain

 ↑ 7000系の副都心線対応工事は2007年より実施されました。

 東京メトロ副都心線は2007年6月に開業しましたが、同線ではATO装置によるワンマン運転が導入される他、各駅にはドアホームが設置されることから、2007年度から、これに対応する工事が7000系に対して実施されています。
外観では、車体前面・側面の帯がゴールドから副都心線カラーの「ブラウン」を主体としゴールドとホワイトの細帯を配するものに変更され、客室内では車内案内表示機の設置、自動放送装置の設置(非搭載車)、、非常通報器の変更などが行われました。
乗務員室では、運転台ユニットが10000系に準じたものに交換され、主幹制御器のデッドマン装置付きT型ワンハンドルマスコンとなり、車両情報管理装置(TIS)も設置されました。
また、保安装置としてATO装置やドアホームと連動機能行う戸閉制御切換装置も搭載されました。
副都心線では2013年3月に東急東横線との直通運転が実施されますが、この関係で8両編成も必要となることから、一部の編成では中間車2両を抜いた8両編成への短縮化工事も行われ、最終的には有楽町線副都心線兼用車両として10両編成6本(60両)・8両編成15本(120両)の計21本(180両)体制となりました。
現在、7000系は有楽町線副都心線を中心として、東武東上線西武有楽町線池袋線などに乗り入れ、東急東横線みなとみらい線での先行して貸出運用されています。

f:id:chibatrain:20170812192947j:plain

 ↑ 東急東横線に乗り入れる、第28編成

f:id:chibatrain:20170812192952j:plain

 ↑ 10両編成は現在6本在籍しています。

f:id:chibatrain:20170812192955j:plain

 ↑ 冷房装置が大容量のものに交換された第30編成

f:id:chibatrain:20170812192958j:plain

 ↑ 1次車の第3編成。8両編成車は4M4TのVVVFインバータ仕様です。

f:id:chibatrain:20170812193225j:plain

↑ 和光市で折り返し運用を待つ第16編成