CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

会津若松へ(2017年7月)その4

f:id:chibatrain:20170730170242j:plain

 会津田島駅に留置されている、AT103です。

会津鉄道が開業した1986年に導入された車両の中で、唯一最近まで運用されていた車両です。

元は他のAT100/150形と同様、セミクロスシートの車両でしたが、2000年にお座敷気動車に改造され、以降は他のトロッコ車や展望車と連結して会津鉄道版のジョイフルトレインとして活躍してきました。

晩年は、AT-351、AT-451と連結され運用されていましたが、2016年6月に引退、廃車となりました。

現在は、会津田島駅で静態保存されているとのことでしたが、実際には保存というよりは、とりあえず構内に留置されているといった感じで、車両は色褪せた状態でした。