CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】  銚子電鉄 デハ701

f:id:chibatrain:20170820140144j:plain

↑ 銚子駅側は2枚窓。

デハ700形の701・702は、元は1928年に製造された近江鉄道の電動貨車デユワ101・102です。
1941年に旅客用の半鋼製電車に改造され、同鉄道のモハ51・52に変わりました。
もともと両運転台車だったのですが、1961年に片運転台化改造が行われ、非連結側の正面は2枚窓ですが、連結側には貫通路が設けられました。
銚子電鉄には1978年に入線しましたが、その際に再び改造が実施され、再度の両運転化と貫通扉の埋め込みが実施されました。
現在、デハ700形の正面デザインが銚子側と外川側で異なるのはそのためで、銚子側が2枚窓・外川側が3枚窓となっています。
デハ700形は、全長が15m級の車両で、入線当時に同鉄道で活躍していた11mクラスの車両と比べても大きかったのですが、後に入線したデハ800形やデハ1000形に比べると、若干小さいです。
パンタフラグは、既設運転台側の銚子寄りについています。
制御機器の関係で、ほかの形式との総括制御ができないため、朝ラッシュ時などに2連で運用されることが多かったのですが、701は、1994年12月にワンマン化改造されているため、昼間の単行運用にも就いていました。
車体の塗装については、入線当初は、銚子電鉄の旧カラーで塗装されていましたが、1990年に現在の紅赤色+黒褐色のツートンカラーに変更され、デハ702については、2007年11月の点検・整備の際に青色ベースの旧塗装に再度変更されました。
しかしながら老朽化のため、伊予鉄道800形2編成4両の導入に伴い、2010年に800形とともに引退しました。
鉄道コレクションでは、第12弾で製品化され、ワンマン化改造後の姿がモデル化されています。

f:id:chibatrain:20170820140148j:plain

 

f:id:chibatrain:20170820140236j:plain

↑ 外川駅側は3枚窓です。