CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

D51-14

f:id:chibatrain:20170820223347j:plain

↑ 初期型のD51-14は、千葉県流山市内の公園に静態保存されています。

D51-14号は、同形式がデビューした最初に増備されたグループのうちの1台で、1936年に汽車製造大阪工場で製造されました。
車体は、ボイラー上の砂箱と煙突の間に給水暖め器をレール方向に置き、それらをカバーで覆った、半流型(ナメクジ)のタイプとなっています。
デビュー当初は吹田・鷹取に配置されたものの、その後は北海道に渡り、函館・岩見沢旭川の各機関区で活躍し、1973年の名寄を最後に引退しました。
D51の初期型は、川崎車両と汽車製造の複数メーカーで製造され、車番は製造前から各メーカーに割り当てられていました。
そのため、車番の若い順に落成したわけではなく、この14号機が事実上一番最初に落成したD51だそうです。
14号機は、引退後1976年に千葉県流山市の総合運動公園に移設され、以降ここで静態保存されています。

f:id:chibatrain:20170820223351j:plain

↑ 側面の様子。初期型「ナメクジ」のスタイルです。

f:id:chibatrain:20170820223354j:plain

↑ 運転台横の様子。

f:id:chibatrain:20170820223358j:plain

↑ 後ろから見た様子。結構老朽化が進んでいます。