CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 6050系

f:id:chibatrain:20170903123227j:plain

↑ 会津鉄道に乗り入れる6050系2両編成。

 6050系は、6000系の車体更新によって、1985年10月から1986年10月のまでの間に2両編成×22本の計44両が登場しました。
また、その後完全新造車として7編成14両が増備されました。

外観塗装はジャスミンホワイトを基調に、赤とオレンジのラインを配し、前面は大型ガラスを使用した3面折妻構造で、窓周りを窪ませた額縁スタイルとなり、急行灯は貫通扉の上に装着されています。

側面では客室側窓は一枚下降式となり、客室用ドアは両開き式を前後2ヵ所に備えています。

車内はドア間固定のクロスシート、車端・戸袋部をロングシートとしたセミクロスシートで、座席のシートピッチは1,525mmと比較的広く、折り畳み式テーブルを設置しています。

主要機器は、主電動機・電動空気圧縮機(CP)などを流用していますが、制御器・抵抗器等の主要機器は新造されています。

台車は更新車は元車両からの流用でミンデンドイツ型FS357・057(東武形式TRS-63M・63T)を履いていますが、新造車ではSUミンデン型FS529・029(東武形式TRS-882M・882T)に変更されています。

6050系は浅草から伊勢崎線日光線鬼怒川線野岩鉄道線・会津鉄道線を直通する快速・区間快速を中心に充当される他、日光線鬼怒川線などのローカル列車でも使用されていましたが、2017年4月のダイヤ改正では、直通の快速・区間快速が特急に格上げされたことに伴い、臨時列車などを除き、伊勢崎線浅草口に顔を出すことなくなり、一部で廃車も開始されました。

なお、6050系は、上記の東武鉄道所有車の他、野岩鉄道所有車2連×3本、会津鉄道所有車2連×1本も存在しているが、これらは東武所有の新製車と同一仕様となっていて、東武所有車と共有運用で上記の運用に使用されています。

f:id:chibatrain:20170903123231j:plain

↑ 2017年4月のダイヤ改正までは、6連で区間快速に運用されていました。

f:id:chibatrain:20170903123235j:plain

↑ 2両基本編成の6050系。写真の6174F編成は完全新製車です。

f:id:chibatrain:20170903123239j:plain

 ↑ 日光線のローカル運用に、2両の基本編成で運用される6050系。

f:id:chibatrain:20170903123243j:plain

↑ 春日部駅に停車中の6050系を撮影。