CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E231系 中央総武緩行線

f:id:chibatrain:20170909210943j:plain

 ↑ E231系500番台への置き換えが開始されたE231系0番台車

 E231系は、量産先行車の運用を経て、2000年春より量産化が開始され、E209系500番台に代わり、総武緩行線に通勤仕様の基本番台が増備されました。
総武/中央緩行線に投入されたE231系量産車の走行性能・車体構造・装備機器などの基本的な仕様は、ほぼ209系950番台(E231系900番台)のものがそのまま踏襲されました。
209系500番台車と比較すると、先頭部のFRPは銀色塗装となり、乗務員扉が平面構成で黄色塗装、6号車が6扉車となり、それを示すマークが前面に表示ているのがその特徴です。また、すべての大窓が開閉可能となり、ガラスも緑色となっています。
但し、2000年5月の交通バリアフリー法の施行を受けて、レールから床面までの高さは試作車や209系よりも15mm低い1165mmとなり、ロングシート手前の吊り手や荷物棚の位置も若干下げられました。
主要機器はモハ209-952(モハE231-902)に装備された3レベル式の主回路が全面的に採用され、台車は床面高さの変更に伴い一部の部品が変更され、パンタフラフは中央本線高尾以西への乗り入れ可能な低断面トンネル対応のPS33Bとなりました。
E231系は、投入後わずか2年たらずで、42本420両が三鷹電車区習志野電車区に配置され、総武/中央緩行線で使用される車両はすべて209系500番台と、E231系の2形式に統一されました。
(2003年12月に習志野電車区の無配置化され、同区の車両は三鷹電車区に転出となりました。)
2007年度には、さらに3編成が新造・増備され、屋根上のデジタル列車無線アンテナ増設や車外スピーカー準備工事などで一部変更されましたが、このグループが231系の最終増備車となり、同線区用のE231系は、試作車(900番台車)を含めて46本460両の配置となりました。
2017年以降、山手線へのE235系導入に伴いE231系500番台が中央・総武緩行線用に転属、置き換えにより余剰となったE231系は209系500番台とともに武蔵野線などに転出する予定となっています。
但し、一部のE231系編成はそのまま中央・総武緩行線に残留するものと思われます。

f:id:chibatrain:20170909210946j:plain

 ↑ 市川駅で停車中の列車を撮影。

f:id:chibatrain:20170909210949j:plain

  ↑ 前面のFRPが銀塗装であること、6扉車が連結されていること等が、209系500番台車と大きく異なるところです。

f:id:chibatrain:20170909210952j:plain

 ↑ E231系500番台置き換え後も一部の編成が残留するものと思われます。

f:id:chibatrain:20170909210958j:plain

  ↑ 千葉駅で折り返し、出発を待つE231系。

f:id:chibatrain:20170909211426j:plain

 ↑ 今や珍しくなった6扉車です。今後の処遇は不明。

f:id:chibatrain:20170909211432j:plain

↑ 6扉車の側面の様子。