CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

栃木・群馬遠征 その2

f:id:chibatrain:20170903193755j:plain

 宇都宮先日の205系メルヘンです。

京葉線時代に毎日乗っていた、馴染みのある車両です。

2013年以降、宇都宮-黒磯間を中心に運用されていますが、転属の際は 寒冷地対応やトイレの設置、車椅子の設置などが行われ、車番も新たに600番台車となりました。

しかしながら、205系はオールロングシート4扉の通勤型電車であり、日光線も含め、ローカル輸送主体のこの路線には合っておらず、房総地区の209系のでように、せめて一部だけでもクロスシートは欲しかったですね。

制御方式は界磁添加励磁制御、主電動機は直巻整流子電動機のままで、600番台改造の際は特にVVVF機器への換装も行われなかったところを見ると、JR側も今後この車両を末長く運用することは考えていないものと思われます。

あと10年もしたら、首都圏の主要路線への新型車両導入で捻出されたE231系かE233系あたりに置き換えられるかも知れません。