CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 キハ54 500番台

f:id:chibatrain:20170910110513j:plain

 キハ54形500番台は、国鉄末期の1986年に北海道の豪雪地区の単行運行用として29両が登場しました。

キハ54形は四国向けも同年から導入されていますが、こちらは暖地向けで北海道向けとは一部仕様が異なり、0番台となっています。

キハ54形500番台車は、積雪時の運用を考慮し2機関搭載の両運転台車とされたことから、車体は20.8m(最大21.3m)で、ステンレス製により軽量化が図られています。

走行装置は、キハ38型で採用した省エネタイプのDMF13HS(250ps)を2基搭載し、液体変速機や逆転機や動台車・ブレーキ装置などは廃車派生品を採用しました。

車内は客室扉付近がロングシートセミクロスシートなりましたが、527~529の3両は旭川稚内間を走行する急行「礼文」で使用されることから、オール転換クロスシートとなりました。

駆動系の主要機器については、2003年から2005年にかけて更新工事が実施され、台車はボルスタレス台車に換装されています。

現在は、釧路車両運転所や旭川運転所に配置され、気象条件が厳しく長距離運行の多い道北・道東で主に運用されています。

鉄道コレクションでは、留萌本線で活躍した2両のうち、504と元急行仕様の529の2両セットを所有しています。

529は、側面窓上に赤帯を配しています。

f:id:chibatrain:20170910110516j:plain

 ↑ キハ54-504

f:id:chibatrain:20170910110520j:plain

 ↑ キハ54-529