CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF510 基本番台

f:id:chibatrain:20170917112626j:plain

↑ EF510は、EF210をベースとして2002年に登場しました。

 EF510は、日本海縦貫線常磐線などで活躍してきたEF81の置き換え用として導入された3電源対応の交直流型の電気機関車で、2002年に登場しました。
EF210形などと部品の共通化が図られた上で、耐寒耐雪機能が強化され、塗装は交直流機共通の赤色ベースとなりました。
主回路は個別制御のVVVFインバータで、主電動機はEF210などと同じFMT4形を搭載しています。
出力は交流・直流とも同一で、最高速度は110km/h、けん引力はEF81の40%増、平坦の路線で1300トンの貨物列車けん引が可能です。
パンタグラフシングルアーム式で、台車は空気ばね使用のボルスタレス式、ブレーキ制御は発電機併用電気指令式となっています。
EF510はEF210の基本設計を踏襲したため試作機はなく、2002年に量産先行車として1号機が登場、各種性能試験を経て、翌2003年以降本格的な導入が開始され、基本番台車は23号機までが増備されました。
2号機以降については、車体側面にJFRのロゴの他、”RED THUNDER”のロゴマークが描かれています。
基本番台機は、全機が富山機関区に配置され、吹田貨物ターミナル・大阪ターミナル~青森信号場間など、日本海縦貫線で活躍しています。

f:id:chibatrain:20170917112629j:plain

 ↑ 基本番台車は、日本海縦貫線で使用されており、関東では見ることができません。

f:id:chibatrain:20170917112633j:plain

 ↑ 車体の塗装は、交直流形の標準である赤色がベースとなっています。

f:id:chibatrain:20170917112640j:plain

 ↑ パンタグラフシングルアーム式を搭載しています。

f:id:chibatrain:20170917112643j:plain

 ↑  信越本線越後石山駅から貨物支線に入るEF510-7号機。

f:id:chibatrain:20170917112701j:plain

 ↑ 新潟貨物ターミナル駅から白新線に入るEH500-3号機けん引の貨物列車。