CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 富士急行 5000系

f:id:chibatrain:20170924130847j:plain

 富士急5000系は、1975年に3100形の事故廃車補充用として2両編成1本が日本車両で製造されました。

高運転台、両開き2扉の20m級車体で、2両固定編成、冷房装置は新造時から屋根上に分散式クーラーを4基搭載し、富士急初の冷房車となりました。

モハ5001とモハ5002がユニットを組み、5001に電動発電機・空気圧縮機といった補機類を、5002号に主制御器とパンタグラフを搭載、駆動方式はW-N平行カルダン駆動で、勾配対策として抑速発電制動を装備し、手ブレーキも1両あたり2台装備しています。

台車は国鉄DT21形台車と同型(ND-112形)のものを履き、運転台側台車には排雪器(スノープロウ)を装備しています。

鉄道コレクションでは、登場時の富士急オリジナル塗装と、トーマスラッピング塗装の2種類がオープンパッケージで製品化されましたが、そのうちオリジナル塗装の製品を所有しています。

f:id:chibatrain:20170924130851j:plain

 ↑ モハ5001

f:id:chibatrain:20170924130855j:plain

 ↑ モハ5002