CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

205系 横浜線

f:id:chibatrain:20171008210041j:plain

↑ 横浜線では、205系は1988年から2014年までの間運用されていました。

横浜線用の205系は、1988年9月から1989年2月までの間に7両編成25本を集中投入し、約半年間で同線の205系化が図られました。

さらに1994年には混雑緩和対策として、山手線に続き6扉車が導入され、2両車に組み込まれ8両編成化されました。

横浜線用の車両は当初東神奈川と蒲田の両電車区での配置でしたが、1981年の東神奈川区廃止で蒲田電車区に統合、JR以降後は1996年の横浜支社発足で所属が鎌倉車両センター(当時は電車区)となり、通常の留置は東神奈川、運行区間京浜東北線根岸線経由の大船までとなりました。

8連×28編成(224両)の配置され(2010年12月現在)、しばらくの間大きな動きはありませんでしたが、2014年2月以降E233系6000番台による置き換えが開始され、同年8月までに全車横浜線での営業運転を終了しました。

f:id:chibatrain:20171008210048j:plain

 ↑ 確か相模原駅で撮った写真だったと思いますが・・・ 

f:id:chibatrain:20171008210052j:plain

 ↑ 後半では、8両編成28本が運用されていました。

f:id:chibatrain:20171008210055j:plain

 ↑ 横浜線用の編成に組み込まれていた6扉車。

f:id:chibatrain:20171008210102j:plain

 ↑ 晩年、パンタグラフシングルアーム化が進んでいました。

f:id:chibatrain:20171008210158j:plain

 ↑ 橋本駅に到着する205系。