CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E231系 常磐快速線

f:id:chibatrain:20171029192531j:plain

↑ 常磐線へのE231系の投入は、2002年から2003年にかけて行われました。

常磐線快速へのE231系投入は、老朽化した103系の置き換え用として2002年3月より2003年にかけて集中的に行われました。
中央・総武緩行線同様に基本番台車が導入されましたが、山手線用の500番台同様に情報提供装置(VIS)が搭載され、車内案内表示器がLED2段になった他、分割併合に対応する機能も追加されました。

車両の帯は常磐線快速線ラインカラーのエメラルドグリーンで、車両落成時は単色でしたが、営業運転開始の際にライトグリーンが追加されています。

乗務員室扉も車両落成時は無塗装でしたが、営業開始までにグリーンに変更されています。

当初は基本編成18本(180両)と付属編成20本(100両)を新造し、すべて松戸電車区に投入、同区の103系をすべて置き換える予定でしたが、常磐線の中距離列車用のE531系の投入計画に伴い、最終的には基本編成17本(170両)と付属編成19本(95両)の配置となりました。

E231系の運用範囲は、常磐線(上野-取手間)及び成田線(成田-我孫子間)で、最大15両編成(基本10両+付属5両)で運用されています。

取手以北は交流区間となるため乗り入れることはできず、成田線では成田-我孫子間のローカル運用でも使用されています。

2015年3月の上野東京ラインの開業に伴うダイヤ改正では、運用区間が品川まで延長されましたが、これに伴う車両付属を補うため、三鷹車両センターから基本番台10両編成2本が松戸車両センターに転入し、基本編成は19本の配置となりました。

f:id:chibatrain:20171029192534j:plain

↑ 金町駅構内を通過中の常磐線快速列車。

f:id:chibatrain:20171029192537j:plain

↑ 最大15両編成で運用されています。(通勤タイプとしては最大)

f:id:chibatrain:20171029192541j:plain

↑ 我孫子駅に到着するE231系による上り列車。

f:id:chibatrain:20171029192545j:plain

↑ 帯はラインカラーのエメラルドグリーンにアクセントとしてライトグリーンを合わせた配色です。

f:id:chibatrain:20171029192607j:plain

↑ 基本編成と分割編成の併結部分が切り離されたところ。

f:id:chibatrain:20171029192614j:plain

↑ 分割・併合の様子は、我孫子駅で見ることができます。