CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E657系

f:id:chibatrain:20171025185641j:plain

↑ E657系は2012年3月のダイヤ改正でデビューしました。

E657系は、「スーパーひたち」「フレッシュひたち」用として常磐線で運用されている651系・E653系の置き換え用、及び同列車のサービス向上を目的として開発された、交直流形の特急形電車で、2012年3月に登場しました。

車体は、アルミ合金の中空押出形材を用いたダブルスキン鋼体で、先頭鋼体部はFRP製、外部塗装は車体基本色をピンクがかった白とし、側面窓下に濃いピンクのフィルムでラインを入れ、偕楽園の白梅と紅梅の共演をイメージしています。

制御方式は、回生ブレーキ付きのVVVFインバータ制御方式で、台車はE259系用台車をベースに、車両重量の増加に対応、耐寒耐雪性能の向上を図ったボルスタレス台車としています。

また、グリーン車(サロE657形)、両先頭車(クハE656/クハE657)に、乗り心地向上を図るため、E259系で採用された空圧式フルアクティブ動揺防止制御機器装置を搭載し、情報制御装置(TEMS)は、E259系用をベースに、CPUの性能向上や交直流電車に必要な機能の追加を図ったものが採用されました。

車両の編成は、車両間の通り抜けなどを考慮し、従来の基本編成+付属編成の考え方を改め、10両固定編成として多目的室・大形様式便所・車販準備室などの各種設備を、編成中央の5号車に備えました。

編成は、M1車+M2車のユニットを3組を配した10両固定編成とし、車両故障に対する冗長性を向上、運転性能は、651系やE653系同様に最高速度130km/hとしています。

E657系は16編成160両が導入され、2013年3月のダイヤ改正以降「スーパーひたち」「フレッシュひたち」の運用はすべてE657系に統一されました。

(その後、改造工事により一時的にE657系の車両数が不足することから、2013年10月から2015年3月まで一部の列車で651系による運用が復活していました。)

f:id:chibatrain:20171025185644j:plain

↑ 基本・分割編成の区別はなく、全て10両固定編成となりました。

f:id:chibatrain:20171025185647j:plain

↑ 我孫子駅構内を通過するE657系。

f:id:chibatrain:20171025185652j:plain

↑ 2011年11月、まだ試運転中のE657系を土浦駅で撮影。

f:id:chibatrain:20171025185655j:plain

 ↑ 土浦駅に入線するE657系。

f:id:chibatrain:20171025185729j:plain

↑ 先頭部分の様子。スタイリッシュで個性的なデザインです。

f:id:chibatrain:20171025185732j:plain

↑ 側窓下には濃いピンクの帯が描かれています。

f:id:chibatrain:20171025185736j:plain

↑ グリーン車、5号車の様子です。