CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

ED17-1号機(保存機)

f:id:chibatrain:20171105203846j:plain

↑ 元輸入車のED17。1号機が現在鉄道博物館に静態保存されています。

ED17の1号機から17号機は、元は東海道本線東京-国府津間電化開業に向け、区間旅客列車用として1923年にイギリスのイングリッシュエレクトリック社から輸入された電気機関車で、1040型として17両(1040~1056)が導入されました。

営業運転開始は1925年開始で、当初は横須賀線東海道本線京口の電化区間で旅客列車をけん引して活躍しました。

1928年の称号変更では、ED50(1~17)に形式名が変更されました。

その後、横須賀線では電車化が進み、東海道本線では列車単位が増加し、客車の鋼体が進んだこともあって、ED級の電気機関車は輸送実態に合わなくなり、国産F級電気機関車のEF52の登場以降はED50は余剰機も発生していました。

1931年に中央本線八王子-甲府間が電化開業すると、ED50は17両全車がこの区間の客貨兼用として転用されましたが、この際に歯車比の変更などが行われ、形式名はED17(1~17)となりました。

1950年には、外観は殆ど変わらなかったものの、オリジナルの部品が殆ど一掃される程の大規模な装備改造が実施されました。

トップナンバーの1号機は、中央本線転属後は甲府機関区の所属で引退まで活躍していましたが、1970年に廃車となりました。

その後、甲府市内の公園に静態保存されていましたが、1997年に大宮工場(現:大宮総合車両センター)に移され、整備が行われ、現在は鉄道博物館に保存展示されています。

f:id:chibatrain:20171105203852j:plain

↑ 運転台横の様子。

f:id:chibatrain:20171105203855j:plain

↑ 床下、台車付近の様子。

f:id:chibatrain:20171105203900j:plain

↑ ナンバープレート付近。

f:id:chibatrain:20171105203905j:plain

↑ 反対側から撮った写真です。