CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

C59-1

f:id:chibatrain:20171111185532j:plain

↑ 寝台特急「あさかぜ」なども牽引したC59-1号機、現在は九州鉄道記念館に保存されています。

C59は、昭和初期から優等列車牽引機として、東海道山陽本線で活躍していたC53に代わる新鋭機として1941年に登場、173両が製造されました。

うち、戦前に製造された100両と、戦後の1946年以降製造された73両とでは、外観・機能面などに違いが」あるため、それぞれ戦前型・戦後型として区別されます。

九州鉄道記念館に保存される1号機は、東海道・山陽地区で活躍した後、1956年に門司に配属され、寝台特急「あさかぜ」や急行「雲仙」などに使用され、1962年には熊本転属、1965年の熊本電化開業により廃車となるまでこの地で活躍しました。

廃車までに地球を62周分の距離を走行しました。

※ 写真は2008年7月に九州鉄道記念館を訪問した際に撮影したものです。

f:id:chibatrain:20171111185533j:plain

↑ 撮影したときは、車体はピカピカで保存状態は良かったです。

f:id:chibatrain:20171111185534j:plain

↑  パシフィック型の完成系と言われるC59の足回り。C57より大型です。

f:id:chibatrain:20171111185535j:plain

↑ 後ろの炭水車側から撮った写真です。

f:id:chibatrain:20171111185536j:plain

↑ キャビン付近の側面の様子です。