CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】  いすみ200型 ①

f:id:chibatrain:20171123150602j:plain

 いすみ200型はいすみ鉄道が開業した1988年3月に導入された車両で、7両が製造されました。

富士重工業で開発されたEL-CARⅡ(軽快気動車)で、明知鉄道樽見鉄道甘木鉄道天竜浜名湖鉄道に導入された車両同様、車体構造の小型・簡素化・バス部品の流用によりコストダウンが図られています。

車体は15m級普通鋼製で、前面には貫通扉が設置され、側面窓は出入口扉隣が固定窓で、中間5組が上段固定下段横引き窓となり、片側2ヶ所(計4ヶ所)にある乗客用扉は全て折戸式。
機関はEL-CARⅡ標準のUDトラックスPE6Hディーゼルエンジンを搭載、台車は空気バネ式二軸ボギー台車で、片方のみがニ軸駆動の動力台車となりました。

運用では単行運転が基本ですが、朝夕の混雑時を中心に重連運転を行うため、全車総括制御が可能となっています。

車内は、導入当初は車体中央に固定クロスシート4組を配置したセミクロスシートでしたが、朝・夕通勤時混雑緩和のため、1989年から1992にかけてロングシートロングシートに改造されました。

導入当初の形式名は100型でしたが、ロングシート改造の際に改められました。
車体の塗装は、千葉県花の「菜の花」の黄色をベースに、山と海をイメージした青と緑の帯が巻かれました。

老朽化により2010年以降廃車が始まり、現在は206号の1両が予備車として残っています。
鉄道コレクションでは第15弾で205号が製品化されました。

f:id:chibatrain:20171123150603j:plain

 ↑ いすみ205号

f:id:chibatrain:20171123150604j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20171123150605j:plain

 ↑ 側面運転席付近の様子。

f:id:chibatrain:20171123150606j:plain

 ↑ 側面の様子。

 

f:id:chibatrain:20171123150607j:plain

↑ 側面、うんてんせき反対側の様子。

f:id:chibatrain:20171123150608j:plain

 ↑ 行先表示は、大原⇔上総中野。