CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 名古屋鉄道 3700系

f:id:chibatrain:20171215130623j:plain

 名古屋鉄道の3700系は1957年から登場した形式で、それまで在籍していた旧型木造の(HL/間接非自動制御)車に新製した車体を載せ替える方法が採られました。

増備は1963年まで続けられ、41両が製造されました。

当時の日本車両による地方私鉄向けの全金属製2扉の標準車体で、車体長は17m、搭載装置も軽装のため、自重がMc車で30t、Tc車で21tと軽量でしたが、性能面は旧式のままで、釣掛駆動・HL制御・弱め界磁なしで、軽量車体でも満員乗車における最高速度は平坦線で80km/h程度しか出ず、AL車(性能上の最高速度は110km/h以上)には及ばない状況でした。

登場時はロングシートの低運転台車でしたが、1960年代後半に扉間が転換クロスシートに変更され、一部の車両は高運転台化されています。

鉄道コレクションでモデル化された車両は、3706F編成(モ3706+ク2706)の2両で、低運転台で、名鉄色(スカーレット)に塗装されていた時代の状態で再現されています。

この編成は、他の4編成(3707F~3710F)編成とともに、1973年に当時600Vであった瀬戸線に600V仕様に改造の上転属しましたが、1978年に同線の1500V昇圧に際し、元の1500Vに戻され本線系に復帰し、その後1991年までに廃車されました。

f:id:chibatrain:20171215130626j:plain

 ↑ モ3706

f:id:chibatrain:20171215130629j:plain

↑ ク2706

f:id:chibatrain:20171215130634j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20171215130637j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子

f:id:chibatrain:20171215130723j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20171215130729j:plain

 ↑ モ3706側面の様子 

f:id:chibatrain:20171215130733j:plain

 ↑ 台車付近の様子

f:id:chibatrain:20171215130736j:plain

 ↑ ク2706側面の様子

f:id:chibatrain:20171215130741j:plain

 ↑ ク2706屋根上・ベンチレータ