CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 10000系

f:id:chibatrain:20171215134928j:plain

↑ 10000系は2006年に登場しました。(西武池袋線にて撮影)。

10000系は、有楽町線及び副都心線用として開発された、東京メトロ初の新形式車両で、東西線用05系13次車をベースに開発され、2006年に登場しました。

車体はアルミダブルスキン構造の両開き4ドアで、先頭車は中間車より470mm長く、車両間の貫通扉が強化ガラスとなりました。

先頭部は5000系以来の中央非常扉で、前照灯はHID化されました。

制御装置は、IGBTを使用した2レベルVVVFインバータ制御方式、主電動機は出力165KWの三相かご形誘導電動機が採用され、ブレーキ装置は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ、集電装置はシングルアーム式、台車は新型ボルスタ付きFS777形となりました。

編成は、5M5Tの10両編成が基本で、電動車は2・3号車と8・9号車は2両ユニット、5号車が1M方式となっています。

副都心線開業時点では各駅停車用の8連が一時的に不足してたため、一部の編成(10000F~10004F)の4両が中間車2両をはすした8連に組み替えられ運用していましたが、その後本来の10連に戻されています。

]2017年4月現在、10両編成36本(360両)が和光検車区・新木場分室に配置され、有楽町線副都心線の他、直通運転を行う東武東上線西武有楽町線池袋線狭山線東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい線で運用されています。

f:id:chibatrain:20171215134933j:plain

 ↑ 副都心線から東急東横線に乗り入れる10000系。

f:id:chibatrain:20171215134936j:plain

 ↑ 東武東上線内で撮影。

f:id:chibatrain:20171215134940j:plain

 ↑ こちらも東武東上線新河岸駅から撮影。

f:id:chibatrain:20171215135659j:plain

 ↑ 運転席横、側面の様子。

f:id:chibatrain:20171215135702j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20171215135705j:plain

 ↑ 台車はボルスタレス台車です。