CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

関東鉄道 キハ2100形

 

f:id:chibatrain:20171126191215j:plain

 ↑ キハ2100形は、同鉄道31年振りの完全新製車として1993年に登場しました。

キハ2100形は、常総筑波鉄道時代の1963年に導入したキハ900形以来、31年振りの完全新製車として、1993年に登場、1996年までに12両が導入されました。

新潟鐵工所のNDCを基本とし、車体は20m級で3扉の片運転台車となりました。

客用扉は両開きとなり、側面窓はバランサー付きの下降式で、客用扉間と連結面寄りは2枚1組のユニット窓となりました。

エンジンは新潟鐵工所製のDMF13HZ(330ps)で、液体変速機は直結2段式のTACN-22を採用し、在来車よりも大幅な性能向上を実現しています。

台車は関東鉄道としては初の空気ばね式ボルスタレス台車を履き、ブレーキはキハ300形・350形との連結を考慮し、自動空気ブレーキが採用されました。

関東鉄道初の新製冷房車となり、機関直結式の2分割となったユニットクーラーが屋根の上に装備されました。

前面の行先表示器は、1994年に導入されたキハ2101~キハ2104の4両は幕式となりましたが、その後増備された2105~2112ではLED式に変更されています。

編成は2両1組で固定編成を組み、以前は通勤ラッシュ時に4両編成で運用されていましたが、2005年のダイヤ改正以降は2両編成単独で運用されています。

新製当初から1997年の水海道以北のワンマン運転開始までは、単線区間の水海道-下館間にも常時入線していました。

 現在、新塗装への変更が順次行われています。

f:id:chibatrain:20171126191216j:plain

 ↑ 2両固定編成で運用されています。 

f:id:chibatrain:20171126191217j:plain

 ↑ 水海道のイベント開催の際に撮影。

f:id:chibatrain:20171126191218j:plain

 ↑ 旧塗装の2101-2102編成

f:id:chibatrain:20171126191219j:plain

 ↑ 初期車は前面の行先表示器が幕式です。

 

f:id:chibatrain:20171126191220j:plain

↑  前面の様子。

f:id:chibatrain:20171126191221j:plain

 ↑ 運転席付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20171126191222j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20171126191223j:plain

 ↑ 台車は空気バネ式のボルスタレス台車です。