CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

関東鉄道~常磐線~流鉄 その8

f:id:chibatrain:20171210231153j:plain

 常磐線の中距離列車で運用されるE531系です。

 自分が子供の頃は、常磐線の中距離列車は401系・403系・415系といった小豆色の近郊形電車で運用され、基本編成(4両)の併結により、8両編成又は最大12両編成で走っていました。

1984年以降、サハを含む中間車が登場し、基本編成(7両)と付属編成(4両)の2種類に再編成され、中距離列車は、7両+7両+4両の15両編成で運用されるようになり、従来はセミクロスシートばかりだった車内の座席配置に対して、オールロングシートの車両も連結されるようになりました。

現在使用されるE531系は、4扉車で10両+5両の最大15両編成が日中でも当たり前のように運用され、編成中半分ぐらいがオールロングシート車で、グリーン車も2両連結されています。

かつてとは様変わりした列車の姿に、時代の流れを感じます。