CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

福島臨海鉄道 DD5531

f:id:chibatrain:20171126210827j:plain

↑ 亜鉛鉱石の専用列車に運用される小名浜臨海鉄道のDD531。 

小名浜臨海鉄道のDD55形はセンターキャブ形の55トン機で、富士重工製の1号と新潟鐵工所製の2号機・3号機が導入されましたが、1号機はすでに廃車され、現在は2号機と3号機が運用されているようです。

DD553号機(3号機)は、1973年に製造され2号機とは運転室正面窓のワイパまわりのデザインや尾灯形状などが異なります。

エンジンは導入当初はDMF31Sを直噴化したDMF31Z(550ps)が2基搭載され、2号機よりも出力増強が図られましたが、2012年にエンジンを換装し、DD531に改番されました。

f:id:chibatrain:20171126210828j:plain

 ↑ 2012年にエンジンが換装され、DD531に改番されています。 

f:id:chibatrain:20171126210829j:plain

 ↑ DD13タイプのセンターキャブ形、55トン機です。

f:id:chibatrain:20171126210830j:plain

 ↑ DD531の側面の様子。 

f:id:chibatrain:20171126210831j:plain

 ↑ 同型機としてDD552も在籍していますが、小名浜を訪問した日は車庫で休んでいました。