CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京成電鉄 3500形 更新車

f:id:chibatrain:20171217130058j:plain

↑ 6両編成に組成され運用中の3500形更新車

京成電鉄3500形は1972年から1982年にかけて96両が製造されましたが、製造から20年を経過し老朽化が進んだことから、一部の車両については1996年以降に大規模な更新工事が実施されました。

更新工事では、前面の形状が大幅に変更され、3角形の折妻形で窓ガラスを下方向に広げ、窓下に前照灯・標識灯が一体の角ケースに収められ設置された他、貫通扉に列車種別表示装置が付けられ、下部には排障器(スカート)が設置されました。

側面は、これまでの扉間3枚の窓を大きな2枚窓とし、窓枠を黒くしてして目立たなくし、コルゲート板の幅も従来より短くされました。

車内は、天井板・内張の変更・個別シートの設置・蛍光灯の増設・車椅子スペースの設置(先頭車)が行われ、当時の最新鋭車であった3700形に匹敵する設備となりました。

その他、運転台の機器配置が一部改められ、京浜急行電鉄乗り入れを考慮し、先頭車のモーター付き台車が連結面寄りから運転席寄りに変更されました。

更新工事は、全車両のうち56両が2001年度までに実施されましたが、鉄材の腐食がかなり進んでおり更新工事にかかるコストが当初の見込みよりも大幅に高額となってしまったことから、工事は打ち切られてしましました。

2017年度現在、更新車は4両編成1本が柴山鉄道に貸し出され、残り52両が在籍となっていて、4両編成の他基本編成を22両づつに分割し他の編成と合わせて6両編成に組成しての運用も多く行われています。

f:id:chibatrain:20171217130108j:plain

↑ 更新車は前面や側面の設計が変更され、外観が未更新車とは大幅に異なっています。

f:id:chibatrain:20171217130105j:plain

↑ 4両の基本編成で千葉線内で運用中の3500形更新車。

f:id:chibatrain:20171217130115j:plain

↑ 更新工事は3500形のうち56両を実施した時点で打ち切られました。

f:id:chibatrain:20171217130120j:plain

↑ 2005年頃に撮影。この頃はがパンタグラフはひし形のものを搭載していました。