CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

上信電鉄PART2 その3

f:id:chibatrain:20180121151500j:plain

 上信電鉄に譲渡された107系は、 100番台車2両編成6本の12両です。

いつぐらいから運用を始めて.どの車両をいつ置き換えるのか、詳細は分かりませんが、150形・200形などが置き換えれるものと予想されます。

150形は、もと西武の701系などタネ車が異なる2両編成3本が在籍し、いずれも1960年代に製造され車歴も高いので、廃車になる可能性は高いです。

自社発注の200形も2次車4両が在籍していますが、これも1969年製造で車歴は高く、全廃となるでしょう。

200形やクハ1301とペアを組むデハ250形2両、それとクハ1301も廃車になる可能性がありますが、デハ250形のうち1両は両運転台車のため、事業用車両として、残る可能性もあります。