CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

701系1000番台/青森地区

f:id:chibatrain:20180104205958j:plain

 ↑ 八戸-青森間で運用されていた、701系1000番台。

 701系1000番台のうち、盛岡地区・青森地区の客車列車置き換え用としては、2両編成31本が当時の盛岡客車区と青森運転所に配置され、ED75やEF81の牽引する50系客車などを置き換えました。

しかしながら、東北新幹線八戸開業時に盛岡-八戸間が第3セクター化されJRとしては分断された形となったため、盛岡・青森に所属の各車両もそれに合わせて運用されていました。

分断後は、青森車両センターでは2両編成7本(14両)の配置となり、八戸-青森間のローカル輸送で運用されていました。

2007年には秋田区の車両と同様のスカートに変更され運用を続けていましたが、2010年12月の青い森鉄道全線開業(在来線八戸-青森間の移管)時に、7本すべてが青い森鉄道に譲渡され、同区所属の701系はなくなりました。

f:id:chibatrain:20180104210003j:plain

↑  2両編成7本が青森-八戸間のローカル運用に使用されていました。

f:id:chibatrain:20180104210007j:plain

 ↑ 青森駅跨線橋から撮影した写真。屋根の上の様子が分かります。

f:id:chibatrain:20180104210015j:plain

 ↑ 前面のスカートは秋田車両センター所属と同様のものを履いていました。

f:id:chibatrain:20180104210025j:plain

 ↑ 車体の帯は、青紫濃淡の2色でした。

f:id:chibatrain:20180104210251j:plain

 ↑ 写真はすべて2010年5月に撮影したものです。