CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

西武鉄道 20000系

f:id:chibatrain:20180218143431j:plain

↑ 20000系は老朽車置き換え用として2000年に登場しました。

西武鉄道20000系は、老朽化した101系などの老朽化車両の置き換え用として2000年に登場、池袋線複々線延伸に伴う列車増発用も含め。2005年までに10両編成8本(80両)、8両編成8本(64両)の計144両が増備されました。

車体は、A-trainと呼ばれる、日立製作所が開発した頑丈かつ低コストのダブルスキン構造を採用しており、アルミ合金製の無塗装車体で側面はコーポレートカラーのブルーのラインを配しています。

制御装置は6000系に続いて日立製作所のIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御装置が採用され、ブレーキ方式は回生ブレーキ併用形の電気指令式空気ブレーキで、補助電源装置には三菱電機製のIGBT素子使用静止インバータ(SIV)を搭載、集電装置はシングルアーム式、台車はモノリンク式ボルスタレス台車を使用しています。

当初は新宿線に集中的に投入されていましたが、2002年以降は池袋線でも運用を開始し、2017年12月現在では池袋線に62両、新宿線に82両の配置となっています。

8両固定編成は各駅停車、10両編成は優等列車を中心に運用されていますが、2・4・6両編成が存在しないため、多摩湖線国分寺線西武園線での運用はありません。

f:id:chibatrain:20180218143437j:plain

↑ 当初は新宿線に集中的に投入されましたが、その後池袋線でも運用が開始されました。

f:id:chibatrain:20180218143439j:plain

↑ 池袋線での急行列車に使用される10両固定編成。

f:id:chibatrain:20180218143443j:plain

↑ 新宿線で各駅停車に使用される8両固定編成。

f:id:chibatrain:20180218143446j:plain

↑ どことなく、東武50000系シリーズに似ています。

f:id:chibatrain:20180218143636j:plain

↑ 運転台付近の様子。

f:id:chibatrain:20180218143643j:plain

↑ 側面の様子。アルミ合金製の無塗装車体です。

f:id:chibatrain:20180218143646j:plain

↑ 車内の様子 その1。

f:id:chibatrain:20180218143650j:plain

↑ 車内の様子 その2。

f:id:chibatrain:20180218143654j:plain

↑ ペッタンコ椅子は乗り心地はイマイチ。

f:id:chibatrain:20180218143720j:plain

↑ 運転席すぐ後ろにの車椅子用のスペース。折り畳みの椅子も設置され、座席としも使用される。