CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF58-93号機 (保存機/現存せず)

f:id:chibatrain:20180219122754j:plain

↑ 2016年まで大宮工場で静態保存されていた、EF58-93号機。
EF58-93は、1956年に東芝府中工場で製造され、東京機関区に配属されました。

その後宮原機関区や浜松機関区、東京機関区と転属を繰り返しながら東海道本線筋で活躍してきましたが、最後は新鶴見機関区に移ってから1985年に廃車となりました。

その後、「青大将色」に塗装されて大宮工場で静態保存されていましたが、現役時代は「青大将色」に塗装されたことはありませんでした。

写真は2013年5月に大宮工場のイベントで撮影したものですが、残念ながらパンタグラフは下がったままの状態でした。

EF58の特徴の一つとしては、当時製造されたの鉄道省の旅客大型機関車で多く採用されていた2C+C2の軸配置があり、同じF級クラスのEF60やEF65などの軸配置(B0+B0+B0)などとは全く異なります。

残念ながら、同機は2016年11月頃に解体され現存していません。

f:id:chibatrain:20180219122035j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180219122038j:plain

 ↑ 運転台下の先台車の様子。

f:id:chibatrain:20180219122041j:plain

 ↑ 台車の動輪は3つです。

f:id:chibatrain:20180219122043j:plain

 ↑ 側面中央部の様子。

f:id:chibatrain:20180219122136j:plain

 ↑ 足回り全体の様子。